顎顔面矯正治療

顎顔面矯正治療(Dentofacial Orthopedics)とは

矯正治療

黒色から赤色に顎骨の成長を促します

子供の不正咬合(すなわち発育期の不正咬合)の場合、歯並びや噛み合わせが悪くなっている原因が、歯をとりまく歯槽骨、顎骨、頭骨、軟組織などの形態発育、機能発達のどこに問題があるのかを把握したうえで、発育不全の歯槽骨、顎骨などを通常の発育に戻しつつ、見た目の歯並びだけでなく、周囲を取り巻く軟組織までを考慮した一連の治療の進め方です。要するに顎の発育の手助けをしてあげる、という治療法です。

上顎は成長のピークを6歳ころに迎え、10~12歳で発育が終わります

下顎はこの後に発育してきます。つまり上顎の正常な発育成長が期待できなければ、その後の下顎の発育にも影響し歯並び、噛み合わせも悪くなるというわけです。
治療は乳歯列期(4歳)からでもできます。小学校5年生(およそ10歳)ころまでに治療を開始すれば多くの場合、将来個々の歯に装置をつける最終的な矯正治療をしなくてもすみますし、少なくとも抜歯して矯正治療する可能性はすごく減ります。

矯正治療

 

矯正治療

矯正治療

矯正治療

上顎と下顎では骨の造り、発育方法やスピードが違うので、それぞれにあった装置、治療法を選びます

矯正治療

矯正治療

矯正治療

矯正治療

BEFORE

矯正治療

AFTER

矯正治療

 

顎骨の発育成長が終わっている成人矯正の場合、多くは抜歯してそのスペースを利用して歯を並べます。
LAS(Level anchorage system)という方法だとどこの歯を抜いて、残った歯を何ミリ動かして、といった診断をたてたうえで治療を進めていきます。

矯正治療

矯正治療

矯正治療

 

ページ上部へ