平野歯貝院へようこそ

リュウグウオキナエビス

リュウグウオキナエビス

生きた化石としては魚のシーラカンスが有名ですが、この貝の仲間もそうなんです。殻の横に深い切り込みがあることから英名をslit shellといいます。この写真はやや小さい(若い?)個体です。もすこし色も鮮やかだったように記憶してたのですが色褪せしちゃいましたね。海岸でちょっと拾うという訳にはいきませんが。
リュウグウオキナエビス Entemnotrochus rumphii (Schepman,1879)

 

2022年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ