診療案内

歯科 治療方針

まずはご自身の痛んでる部位、痛みの状態、強さ等はもちろん、気になっていることをとにかくなんでも遠慮なく話してください。
どういう治療をして最後どうするかといった治療計画をたてるために、こちらからも質問します。そしてこちらからの説明に分からないとこがあればまた聞き返してください。
世間話する感覚でリラックスして治療に取り掛かりましょう。

治療説明

子供の治療

子供の治療

乳児期、虫歯はもちろんうけ口などの不正咬合も3~4歳頃から治療可能です。永久歯との正しい交換の為にも乳歯の治療は大切です。しかし子供は医者、歯医者が嫌で泣いちゃいますよね。お母さんたちもお子さんを連れてくるのが大変です。でも、最初はお母さんの手を握り締めて泣いていても、少しずつ治療に馴れていくうちに一人で治療もできるようになります。
写真は上顎前突治療用の取り外し式装置です。寝てる間を中心に使用します。

歯列矯正

歯列矯正

歯列の矯正は1,2本の少数のものから上下全歯にわたるものまで、取り外し式、固定式さまざまな装置があります。乳歯列期、永久歯列期、さらに顎骨の発育途上期など考慮しつつ診断し治療方法を決定します。

歯列矯正
矯正装置を使用している間は特に歯面清掃に気をつけないといけません。磨きにくい部分が多くて、歯肉炎にもなりやすいことを常に頭に入れておく必要があり ます。治療の本数、方法によって治療期間、保定期間も変わってきますし、料金等のことも含めて、まずは歯並びがおかしいと感じましたら相談してください。

顎顔面矯正治療

顎顔面矯正治療

顎顔面矯正治療とは顎骨の発育を考慮しつつ歯並びを治す方法で、歯を抜かないで矯正できる可能性がぐんと広がりました。多くは特別な手術をすることなく、 図のような装置を用いて顎骨の発育を手助けしつつ歯並びを治します。成人になると顎の発育も止まるので年齢が若い時に治療を始める方が効果が出ます。
診療室には各種治療装置を展示しています。

虫歯、歯槽膿漏

虫歯、歯槽膿漏

基本的な、最低限覚えておいてほしいブラッシング方法については「正しい磨き方」の項を参考にしてください。歯槽膿漏がひどい場合は歯肉を切開して掃除し たり、虫歯が大きすぎるときは歯の中の神経の治療をしていきます。歯の神経が侵された場合は、あとで被せたりするためにも根の治療をしっかりとしなければ なりません。

虫歯、歯槽膿漏

左写真の縦の白い線が根の治療後に詰めた薬です。実はこの治療が、時間もかかるし患者さんにとっても大変な作業なのです。もし根の治療をしてもよくならな ければ抜歯ということになってしまいます。虫歯からだけでなく歯槽膿漏からも根が侵される危険性があるのです。予防と早期治療がいかに大事かがおわかりい ただけたと思います

補綴治療

補綴治療

エナメル質が崩壊し根だけになってしまったり、歯が喪失してしまった場合は冠を被せたり、入れ歯を作って補うことになります。取り外し式の入れ歯は、保険 の材料を使えばすべて保険でできます。差し歯、ブリッジもほとんど保険でできますが、被せる部位や欠損本数、状態によっては保険が利かない場合がありま す。診察室入り口には各種補綴物の模型を展示してありますので参考にしてください。

補綴治療

被せたとしても歯の根もとから虫歯や歯槽膿漏にかかります。の取り外し式入れ歯も内面をよく磨かないでいると歯肉が炎症を起こします。結局ここでも大事なのはブラッシング、掃除だということです。

補綴治療

保険外ですが金属のバネを使わないで義歯を作る方法もあります。

  • 中:通常の保険義歯
  • 左:金属バネを樹脂に置き換えた義歯
  • 右:ノンクラスプ義歯
インプラントも保険外ですが当医院では行っていません。希望される患者さんには近くの病院口腔外科を紹介させていただいてます。なんでも遠慮なくご相談ください。
インプラントについての詳しい情報は 横井歯科医院のホームページでご覧いただけます。

マウスピース

マウスピース

ボクシングでお馴染みのマウスピースです。歯型を採って個人の歯列に合ったマウスピースを作ります。近年ラグビー、アメフト、空手等のコンタクトスポーツで義務化されてきました。

顎関節症

顎関節症

実は顎の関節がカクカクするとか口が開きにくいとか痛いとかといった、顎関節症の治療にマウスピースに似た装置も使います。噛み合わせに問題があって顎関節に負担がかかっていることも少なくありません。

ホワイトニング

ホワイトニングとは歯を漂白して白くする方法で、歯科医院で行なうオフィス ホワイトニングと自宅で行なうホーム ホワイトニングがあります。使用薬剤に違いもありますし、長所短所それぞれあります。ただ出来る症例出来ない症例があります。まずは詳しい説明をしますのでお尋ねください。

全身疾患

血圧が高い、血糖値が異常だ、抗凝固剤をしはじめたくさんの薬を服用している、など全身的にサポートが必要な場合は随時平野医院と連絡をとり治療をしています。気になることはなんでも話してください。

ページ上部へ