2013年06月

テラマチオキナエビスガイ

テラマチオキナエビスガイ

こちらは寺町氏の名に因んでテラマチオキナエビスガイといいます。日本人にとってはうれしいかぎりです。このように日本人の名が学名に使われている貝はたくさんあります。ベニオキナエビスガイのhiraseiも平瀬氏ですね。
テラマチオキナエビスガイ Perotrochus africanus teramachii Kuroda,1955

 

ミナミノオキナエビスガイ

ミナミノオキナエビスガイ

色合いは若干違いますが大きさ、形は先の二つとよ~く似ています。こちらの産地はオーストラリア近海。
ミナミノオキナエビスガイ
Perotrochus afuricanus westralis (Whitehead,1987)

 

ミダースオキナエビスガイ

ミダースオキナエビスガイ

どうしてこれだけ先端が押しつぶされたみたいに平坦になってるんでしょう?この貝の特徴ですね。
ミダースオキナエビスガイ
Perotrochus midas Bayer,1965

 

ゴトウオキナエビスガイ

ゴトウオキナエビスガイ

ここから先の四個体はいずれも殻表が極め細やかでとても綺麗です。
右の個体は発見も新しいようですね。
ゴトウオキナエビスガイ
Perotrochus gotoi Anseeuw,1990

 

ナンバンオキナエビスガイ

ナンバンオキナエビスガイ

上の個体よりさらに小さくて、表面が細やかです。
だんだん区別するのが難しくなります。
ナンバンオキナエビスガイ
Perotrochus vicdani Kosuge,1980

 

アンシュウオキナエビスガイ

アンシュウオキナエビスガイ

私が持つオキナエビスガイのなかで唯一膨らみがない個体です。とても綺麗です。
アンシュウオキナエビスガイ
Perotrochus anseeuwi Kanazawa & Goto,1991
バロット島、ダバオ(フィリピン)

 

ヒメアカネオキナエビスガイ

ヒメアカネオキナエビスガイ

まだ幼貝でしょうか?一番小さい個体です。
採集地はサウスカロライナ、チャールストン沖、水深300mということですが、私が採ったわけではありません。
ヒメアカネオキナエビスガイ
Perotrochus maureri Harasewych & Askew,1993

 

オウムガイ

オウムガイ

ここからは生きた化石パートⅡ。ということで、オウムガイの仲間です。見たまんまのわかりやすい名前ですねぇ。化石で知られているアンモナイトに似ています。
オウムガイ Nautilas pomplius Linnaeus,1758

 

コベソオウムガイ

コベソオウムガイ

こうして真横から見ると真ん中に小さな穴があいてます。それでこの名前です。
コベソオウムガイ Nautilus stenomphalus

 

2013年6月
« 9月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ