平野歯貝院ブログ

ベニオキナエビスガイ

左は、オキナエビスの中で最初に手に入れたもので思い入れがあります。25年ほど前、車で高知県まで行きましてそこで手に入れました。桂浜の海岸沿いの道路に車を止めての車中泊を思い出します。ちなみにチマキボラの時も車中泊でしたね…

オキナエビスガイ

右の貝そのものにではないのですが、強烈な思い出が下の本にあります。 オキナエビスガイ Mikadotrochus beyrichii (Hilgendolf,1877)  

貝殻図鑑「相模湾産貝類」

上の貝(オキナエビスガイ)が表紙右上に載っている「相模湾産貝類」という分厚いこの本、「生物学御研究所編」とあるように貝殻図鑑というよりも、昭和天皇が採集された貝類についての研究報告、解説書なのです。オキナエビスガイは図版…

コシダカオキナエビスガイ

円錐がやや強いのが特徴で、まだ身が少し残っていたのでちょっと臭かったという記憶があります。いまはもう大丈夫ですよ。 コシダカオキナエビスガイ Mikadotrochus salmiana (Rolle,1899) &nb…

アフリカオキナエビスガイ

ここから先の3個体については、ほとんど兄弟のようなもので、よく似てます。産地の違いということでしょうか。でもそのなかでもやはり二つ目が一番美しいと思えるのは日本人だからでしょうか? アフリカオキナエビスガイ Perotr…

テラマチオキナエビスガイ

こちらは寺町氏の名に因んでテラマチオキナエビスガイといいます。日本人にとってはうれしいかぎりです。このように日本人の名が学名に使われている貝はたくさんあります。ベニオキナエビスガイのhiraseiも平瀬氏ですね。 テラマ…
2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ